上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
どうも、フックでございます。

今日のブログは、ギアの兄貴のリクエストに答えて2人のボクサーを紹介します。

あとギアの兄貴からぜよ禁止令がでてるので今回は、一切ちょけない事誓いますぜ・・・おっと危ない。

まず最初に紹介するボクサーは、ナジーム・ハメドです。

フェザー級の元世界チャンピオンです。

彼のボクシングの特徴は、あまりジャブを打たず相手のナックルをかわしながら相手にパンチをあてる

どうゆう事かとゆとどんな体勢からも強いパンチを打ちなおかつトリッキーなんで動きの予測ができない

がその天衣無縫なボクシングも無敵とはいえない、ガードがほとんどないためかなりリスキーな戦法だ。

ハメドのすごい所は、僕とほぼ身長が変わらないのにも関わらずフェザーで自分より高い相手を意図も簡単に

倒す所だ、ハメドがよくやるのがサウスポーからオーソドックスに頻繁にスイッチする。

それに彼ほど柔軟性、瞬発力、センス(才能)に富んだ選手は、いない。

ボクサーとしては、天才だが、人間としての性格は、かなりやばい・・人をおちょくるカリスマと言うべきか。

とにかく入場が派手すぎ、トランクス派手すぎ、倒し方派手すぎそのあとおちょくりすぎ、リングの上で一体

何をするかわからない・・・そんなボクシング界の異端児である。

そんなこんなでいろんな所から反感は、あったみたいですが、その天衣無縫でヤンチャなファイトに魅了された

観客は、数知れない。

そう彼こそはじめの一歩ブライアン・ホークのモデルである。






次に紹介するボクサーはリカルドロペスです。

彼に関しては、ミスターパーフェクトです。

無敗のまま世界チャンピオンそこから無敗のまま引退。

アッパー。ジャブ。フック。ストレート。どれをとっても世界一そうかれこそはじめの一歩リカルド・マルチネス
のモデルである。



ギアの兄貴いろいろありがとうです。

バイビーーー。
大きい文字
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mdrivesugahara.blog66.fc2.com/tb.php/6717-2136e255
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。