上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.18 チビ太
どうもチビ太です。

一昨日ぐらいの夜中に放送していた『エターナルサンシャイン』って映画がとっても良かったです。

監督のミシェル・ゴンドリーさんはローリングストーンズとかロックバンドのミュージックビデオを多く手掛けてきた人なので、画面の構図や表現、配色センスなどが抜群にオシャレ!!

そして脚本が『マルコヴィッチの穴』で知られているチャーリー・カウフマンさん!!!
奇想天外なストーリーなんですが大事な点、伝えたい点がぶれてないからか凄く惹きつけられます。

この脚本のチャーリー・カウフマンさんは『脳内ニューヨーク』って映画で監督もされています
この映画がまた奇想天外で訳わからなくなりそうで、しかもちょっと暗くて長いので途中眠くなるんですが、ラスト5分10分で急にスピードアップして伝えたかったことがギュッと染みてきて最後「良いもん観たー!!!」って感じで映画館出てました。

おっと話が逸れました
『エターナル・サンシャイン』の話でした。

無口で不器用な真面目男と派手でちょっと情緒不安定な女の子、全然違う男女が惹かれ合い、恋に落ち、やがて喧嘩をしてしまうんですが、その時に女の子の方が「もうイヤー!!」ってなってしまい彼の記憶を消して貰うんです。(お話の中で記憶を消してくれる会社があります)
それに怒った彼も彼女の記憶を消そうと依頼するのですが…
どんなにつらくてもその事をなかった事にしてしまうのは違う!!!
それに気づいた主人公が記憶を消されまいと頑張るのですが…

せつない恋愛映画です
気になった方是非見てみてください

今日のテーマ『情熱を注ぐ』
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mdrivesugahara.blog66.fc2.com/tb.php/6585-9c2834d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。