上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おぱようございます!! ギター男です。


本日も参ります。


『RESPECT』

いや?、あまりRESPECTって言いすぎてても敷居が下がるというか、ほとんどRESPECTやんってなってしまうのではないかと思い、10回くらいをめどにしたほうが良いのかも・・・などと考えております。


第6回のアーティストはこちら!!
jamesbrown_wideweb__470x307,0

JAMES BROWN

1933-2006

ジェームス・ブラウン

通称JB


このコーナー始まって初のシンガーでございます

日本では「ゲロッパの人」とでも言うとわかりやすいでしょうか

というのもシンガーというよりも、このJBは僕の大好きなFUNKというジャンルの音楽を創ったという点でRESPECTしております

ジャンルを創るってもの凄い事だと思います
まあ、本人にしてみれば新しいジャンルを創ってやるという思考は無かったと思いますが、新しい音楽をやっているという実感はあったんじゃないでしょうか??

それがジャンルとして認められるっていうのは・・・

何でしょう??
言葉で説明できる特徴がある事と
それを真似する人が増えた事と

まあ、すごい影響力だったと思います


ショウビジネス界一の働き物と言われていたようなので
それはもう計り知れないパワーの持ち主だったんでしょう

若いときの写真がこれ
imagesCAHCSSF5.jpg
いや?、いかにも悪そうですね(笑)

実際かなりぶっ飛んだ一面もあったようで、
逮捕暦もけっこうある。

妻との喧嘩の後、マシンガンを公園の便所に乱射し、駆けつけた警察とカーチェイス・・・
そのときの写真がこれ(笑)
James_brown_mugshot2.jpg

70歳超えているのに妻への暴力で逮捕・・・
そのときの写真がこれ(笑えね??)
jb.jpg

(いや?、ステージで見る姿と全然違う!!)

しかし、どんな無名の人でも一度会ったら名前を忘れないという素晴らしい一面もあるらしい。


で、JBはステージではもちろんシンガーでありダンサーであるが、バンドの指揮者のような存在でもある。

JBの曲はLIVEの場合長さが決まって無いのだ。
JBが合図を出してBメロに行ったり、またAメロに戻ったりする。

なので、バンドマンはJBの合図を逃すまいと必死だったであろう。

なんせ、間違えたら罰金という有名な逸話があるので・・・


2006年に73歳で亡くなっているが、この2006年に来日してLIVEがんがんやってました。
これを僕は見に行ったので、今思うとほんまにラッキーやったなと思います。
しかも、がんがんパワフルなステージを見せてくれた!!!!!

まちがいなく生涯現役!と言える人ですね。
RESPECTです!!!


さて、ではそんなJBの映像をどうぞ!!

「ゲロッパ」は「GET UP」の空耳なんです


あと、これも面白いです

ダンスのことはようわかりませんが、この動きやばい!!!
マイケル・ジャクソンが最も影響を受けたと言うのもうかがえる・・・



オーガ様、スタローン店長 お土産ありがとうございました!!


それでは失礼します!!

ドロッパ!!

本日のテーマ 「甘えない、甘えさせない」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mdrivesugahara.blog66.fc2.com/tb.php/6559-e3d83d3c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。