上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おぱようございます!!ギター男です。



先日、ぴくる家 屋上にて鍋&BBQをがっつきました!!
いや?、ぴくるはもう海の家でも開けるんじゃないだろうか??

昼から飲むビールは最高やった!!
是非ともまたの開催を望む!!



さて、今回もいきます。

『RESPECT』

第5回のアーティストはこちら!!

al_mckay2003_200.jpg

AL MCKAY
1948-

アル・マッケイ



現在の僕にとっては大先生なわけで。
アル・マッケイ先生の教則DVDで練習しているわけで。

そんな存在です。


もともとアル・マッケイはEarth Wind & Fireというバンドにいた事で有名です。

こちらがそのEarth Wind & Fire(以下アース)
Earth, Wind  Fire
一番右端がアル・マッケイです。


アースはおそらく誰でも聞いたことがある曲が2,3曲はあります。
80年代のディスコブームはアースの曲で火がついたといってもいいでしょう。

そんなアースの一番HOTな時期にアル・マッケイは在籍し、ヒット曲も数多く手掛けました。


アル・マッケイのギタープレイは何と言ってもカッティングと呼ばれるリズムギターがやばいです!!
世界で最もグル?ヴィーなギターを弾く一人でしょう。

初めてアースの音源を聴いた高校の時は、正直ギターが何を弾いているのか、ちゃんと鳴っているのかすらわかりませんでした。
なので、まったく興味がわきませんでした。


数年たったある時、ギター雑誌でアースの楽譜が載っていました。
何気なく見ながら弾いてみると何となく弾けてしまうんですね。
(まあ、実は弾けた気になっていただけだったんですが・・・)

楽譜だけ見たらそんなに難しくなかったんですね。

で、その曲をしっかり聴いてみたら全然違う。。。

弾いてる事一緒やのに、全然違う。。。


これが僕が初めてグルーヴの存在を知った瞬間だったんじゃないでしょうか。。。



どんなに簡単なコード進行も「アル・マッケイのように弾く」となれば話は別!!
神クラスのグルーヴが必要となります。。。


そんなアル・マッケイは今は自身のバンドを作り、アースの名曲をセルフ・カバー。
LIVEではもちろんアースの名曲のオンパレードという力技をかましています(笑)

しかし、本家のアースは方向性もちょっと変わってきているし、元気がないので

このアル・マッケイ・オーケストラが今や一番いい時期のアースをLIVEで体験できるバンドと言えるかもしれません。
年末にビルボードに来ます!!!!!!!!!
本州を躍らせにきます!!!!!!!!!!!
楽しみすぎる・・・


さて、そんなアル・マッケイ先生の映像はこちら!!



キレまくってます!!!


あと、楽器屋で試奏するアル・マッケイ先生


やばい・・・



それでは次回もお楽しみに!!

どっろ??ん!!

本日のテーマ「死ぬ気でやれば 死ぬまでにできる」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mdrivesugahara.blog66.fc2.com/tb.php/6544-50098c24
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。