上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
M#DRIVE上新庄店で特集している「週刊少年ジャンプ」の特集と何かリンクできないかという話。


その1
過去に週刊少年ジャンプで打ち切られた漫画特集

個人的に好きっていうのもあるんだけど、
なんだかんだ言って、人は懐古に憧れる。
懐かしい玩具11085 懐かしい玩具1108
こういうの。

個人的には、
懐かしい玩具11083 懐かしい玩具11084
こういうの。

漫画で言えば・・・説明が面倒なので↓を読んでください。
http://mdrivekamishinjo.blog55.fc2.com/blog-entry-5596.html

俺らの世代でも懐かしむものはあるし、
一回り上の世代の人たちにも懐かしむものはあるし、
一回り下の世代の人たちにも懐かしむものはある。
「懐古」は、どの世代にも、どのジャンルにも存在します。
当然「漫画」というジャンルにも懐古はある。
それは、例え「打ち切られた漫画」でも。


その2
M#DRIVE上新庄店が週刊少年ジャンプ特集なら、
 M#DRIVE菅原店は週刊少年マガジンで勝負だ。


あえて、対抗する。

1番売れている少年誌は「週刊少年ジャンプ」で確定ですが、
なんだかんだで安定して「週刊少年マガジン」が2番です。

「週刊少年サンデー」は、もう息していません。
もはや今の時代「少年三大誌」は存在しないのです。

数字は出ています。
週刊少年ジャンプが287万部。
週刊少年マガジンが155万部。
週刊少年サンデーは65万部。

これが現実。

詳細は、ここで見れます
http://www.j-magazine.or.jp/magdata/

サンデー65万部の内訳は、
コナン30万。結界師10万。ハヤテ10万。ケンイチ10万。他5万。かな。
というか、漫画家さんらが小学館から離れすぎが原因だとも思う。

ということで、155万部の「週刊少年マガジン」を特集するとかどうか。
「フェアリーテイル」は、なんだかんだで年間販売部数TOP5に入るしね。
去年なんて、シリーズものだとあの「ONE PIECE」「NARUTO」の次に売れた漫画だ。
だからというわけじゃないけど、講談社のONE PIECEって揶揄されてるが。

はい。


その3
M#DRIVE上新庄店が週刊少年ジャンプ特集なら、
 M#DRIVE菅原店は、週刊ヤングジャンプ特集


これは個人的にですが、週刊ヤングジャンプは今が「黄金世代です。
「夜王」が終わってしまったのが非常に痛いですが・・・、
その井上紀良先生が新作「華と修羅」を描いているのでまだ黄金世代。

「カウンタック/梅澤春人」
「嘘喰い/迫 稔雄」
「華麗なる食卓/ふなつ一輝」
「GANTZ/奥 浩哉」
「キングダム/原 泰久」
「孤高の人/坂本 眞一」
「サムライソルジャー/山本隆一郎」
「ZETMAN/桂 正和」
「TOUGH/猿渡 哲也」
「デリバリーシンデレラ/NON」
「ノノノノ/岡本 倫」
「ハチワンダイバー/柴田ヨクサル」
「華と修羅/井上紀良」
「べしゃり暮らし/森田 まさのり」
「リアル/井上 雄彦」

実に「黄金世代」

中でも、
キングダム1108
GANTZ1108

この2つの作品は、格が違う。

ただ、週刊ヤングジャンプで1番売れているのはこれですけど。
リアル扉絵1108
「スラムダンク」と「バガボンド」の井上雄彦先生が描いているってだけでも、
十分ネームバリューはありますからね。



とか考えながら、
M#DRIVE菅原店で「進撃の巨人」2巻の続きを読めるようにしました。
POPもとりあえず設置しておきました。
その詳細は近々ここにも書きます。


「奉仕して人を喜ばせる。」
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://mdrivesugahara.blog66.fc2.com/tb.php/6518-fa26414b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。